日々の事

エルミタージュ展

投稿日:

530989_388892871178694_1141197015_n

今京都市美術館で行われている大エルミタージュ美術館展に行ってきました!

これは本当~~~にすっごく良かったです.。゚+.(・∀・)゚+.゚
オススメ是非皆さんにも行っていただきたいですね(^∀^)

以前同じ京都市美術館で行われていたルーブル美術館展も良かったのですが、
世界三大美術館とも言われる、ロシアのエルミタージュ美術館だけあって、ルネッサンス期から20世紀美術までの400年のヨーロッパ美術と文化を見ることができるという、所蔵の作品の多さに圧巻されます。

絵画なんて、今や本やネットの画像で見れるから、本物なんて見なくてもいいやと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

でも!

本物の絵画を間近で見ると、その筆使いや質感などの、写真や映像では見えない部分まで見ることができるんですΣヾ( ̄0 ̄;ノ
たとえばこちらの、セーヘルスとボスハールトの合作の花飾りに囲まれた幼子キリストと洗礼者ヨハネに描かれた花の花弁のひとつひとつが立体的に絵の具が盛り上がっていたり、いばらのとげまでも尖って見えますw(*゚o゚*)w
ダニエル

もっと分かりやすいのはこちらのシニャック作、マルセイユ港。
点描画ならではの絵の具の盛り上がり方は、本物は全然違います
ポール

そして今回の目玉の一つにもなっているマティスの赤い部屋。
これは最初赤い部分が青で塗られていたのを、完成間際に赤に塗りなおしたという話でも有名な作品です。
ですのでその話通り、よーく原画を見ると(つд⊂)、確かに塗りなおしたのが分かるんですΣ(・ω・ノ)ノ
マティス

と、いう具合に、実物を見ると、本当の素晴らしさが分かっていただけると思います
そして絵画を通じてヨーロッパの歴史と文化に想いを馳せてみてはいかがでしょうか?

こちらはコレクションしている絵葉書です♪
特に気に入った作品を集めるのが楽しくてついつい買ってしまいます(* ̄∇ ̄*)ヾ
no title

エルミタージュ展の詳細はこちら↓に載せておきますね

大エルミタージュ美術館展
京都市美術館
2012年10月10日~12月6日
http://www.ytv.co.jp/hermitage/

10月26日~28日までは夜8時まで開館しているようなので、夜長の秋に芸術を堪能してみてください(o^∇^o)ノ

ヨーロッパ発祥の文化といえば、フットケアもそうです^^
靴をはく文化が早かったヨーロッパでは200年も前からフットケアがあったとも言われています。200年前だと日本はまだ草履の時代なので、歴史が全然違いますね~(=゚ω゚=;)

私もフットケアの先進国ドイツのフスフレーゲの技術を学んで、ヨーロッパの文化に触れられる仕事でとても嬉しいです。

そんなプログレスのフットケアもぜひ受けてみてくださいね

トータルフットケア
プログレス

〒541-0046 大阪市中央区平野町3-3-11 
アーバネックス淀屋橋305

06-6131-9931


info@foot-progress.com

 http://www.foot-progress.com

-日々の事

Copyright© トータルフットケアサロン「プログレス」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.